「第12回四万十川桜マラソン大会」開催中止について
令和2年3月29日(日)に開催を予定しておりました「第12回四万十川桜マラソン大会」は新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止と、集団感染が連鎖的に起きるのを避けることが重要とし 開催を「中止」いたします。
大会の実施に向け準備をしながら、2月17日(月)には東京マラソンが3万人規模での一般参加ランナーの参加中止を 決定し、当大会も翌18日(火)より開催について大会役員や四万十町に意見 や対策の聞き取りをはじめました。18 日(火) の段階で「開催中止」の判断は難しいとしながらも、今後の情勢を鑑みて当大会も準備・対策・対応をしていくこととしました。聞き取りの中で、3月28日(土)に開催予定の「前夜祭」は「中止」という意見が多く2月25日(月)に前夜祭対策班会を招集し、前夜祭の中止を決定いたしました。対策・対応を検討しながらも、新型コロナウイルスによる感染症の影響は終息の目途すら立たず、29日(土)には高知県内でも感染者が確認され日に日に状況が悪化していることもあり、ランナーの皆様やスタッフの皆様への感染症の影響を回避することを優先し、3月2日(月)に臨時実行委員会総会を招集し「中止」の決定にいたりました。

なお、「中止」決定に至るまで皆様からの参加料や町内外企業や店舗からいただいている協賛金などの取り扱いについても慎重に協議し、大会開催か否かの決議とあわせ臨時実行委員会総会を招集して決定しなければならなかったため、「中止」決定に時間を要しました。その間、ご心配をおかけしましたこと、まずもって謹んでお詫び申し上げます。

つきましては、ランナーの皆様には、参加料や参加記念品の取扱いについて次のとおりとさせていただきましたので、ご理解いただきますようお願いいたします。

最後に、当大会は今後新型コロナウイルスによる肺炎が一日も早い終息とランナーの皆様に感染が拡大しないよう願っております。毎年県内外から「四万十川桜マラソン大会」を愛し参加申込をいただいているランナーの皆様から今後もより親しまれ、愛され、安全・安心な大会となるよう努めていく所存です。重ねてご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

四万十川桜マラソン大会実行委員会
委 員 長   谷 口  和 史

大会中止に伴う「参加料」・「参加記念品」の取扱いについて
①「参加料の取扱い」について
参加料につきましては、既に大会準備等の費用が発生しているため、申込規約に基づき返金は行わないとさせていただきますので、ご理解の程よろしくお願い致します。
②「参加記念品等の取扱い」について
今大会に参加を予定されていましたランナーの皆様全員に、準備が整い次第、参加記念品等を発送させていただきます。
(オリジナルタオル、シリコンバンド、地場産品)
四万十川桜マラソン大会実行委員会事務局
電話:0880-24-1177※定休日(月)
事務局長:牧野秀男
事務局員:佐々木隆司、福本大己、藤田昌伸